2006年07月

2006年07月31日

天津神社で神話を読む

cf948cb0.jpg


keichun_cafe at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年07月30日

手ぬぐい、大活躍

64c84831.jpg0751c9e4.jpg73c1662d.jpg

 



keichun_cafe at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年07月29日

御礼:紀伊國屋書店サイン会

a05d69ff.jpg今日は本当に暑い1日でした。まさに酷暑。そんな中、

紀伊国屋書店での『和みおかやま』出版記念サイン会にお越しくださった皆様方、ありがとうございました。

初めてお目にかかる方々、普段お付き合いくださっている方々、友人達、母の友人の方々・・・嬉しかったです。何と、奉還町に住んでいた子供の頃、よく遊んでいた1つ年下の女の子がきてくれました。とても懐かしかったです。

3f2d064e.jpg

またNHK時代に1年ほど一緒に仕事をしたディレクターで、現在は某民放局の超人気番組を担当しているS君が「何やってるのかな〜と思ったら森田さんのサイン会でびっくりしました」とフラリ。無理やり森田に購入させられ苦笑いのS君でした(ごめんねぇ)

クレドビル5階のエスカレーター裏側特設会場、テーブルのアレンジ花、団扇や和柄の布をあしらった棚のディスプレイ、大きな宣伝ポスターを掲げ呼び込みをしてくださった店長さんや携わってくださった書店の皆様・・・温かい雰囲気づくりに胸がジーンときました。
 

b2b5df51.jpg『和みおかやま』が形になり多くの方々とお会いしていくうち、喜びと同時に身が今後も引き締まる思いでいっぱいになっています。精進していきたいと思っています。この『和みおかやま』を制作してくださったソウルノートの鈴木トオル氏にも深く感謝しています。今日は自慢の娘さん・息子さんと一緒に会場へ。2人からの可愛いお手紙にウルウル・・・。奥様にも久しぶりにお会いできて嬉しかったです。ハードな作業が続く中でハートフルな仕事をし続ける鈴木氏の「元気の源」。家族を大切に思う気持ちが仕事にも反映されているのだとあらためて感じました。

 

26abe494.jpg

サイン会前にFM岡山でニュースを担当している石田芳恵ちゃんに本をお届け。「河田玲右子アナウス教室」の後輩でもある石田ちゃんには普段から仲良くしてもらっています。「もう一冊買わせてもらってもいいですか?」サイン会終わりで局を覗くと石田ちゃんから意外な一言。「今日久しぶりに親友に会うんです。森田さんの本見ていると、彼女と行きたいな〜と思うところいっぱいあって。だからプレゼントしたいんですよ」。ジーン。そういえばあっきんも「他の人達ににプレゼントしているんだよ」と言ってくれてたなぁ・・・。感謝。どうか神様、今日は素直にいろんな事を「うれしい」と思わせてくださいませ。



keichun_cafe at 17:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年07月28日

フレモニ、ゲスト出演

07-28-0107-28-02  

 

 

 

 

 

3cdf1077.jpg

 



keichun_cafe at 23:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年07月27日

「おまち堂」のかき氷

07-26-01暑い日が続く。このお店も行列が続く。岡山市福浜西町の「おまち堂」雄町冷泉の水も使われている氷はフワフワ。シロップはすべて果物類から手作りの「無添加」。体に優しいかき氷のおいしさに衝撃を受けたIディレクーの感動が今日のフレモニ「keichun−cafe」の企画になった。ご多忙な中「おまち堂」の武田マミさんがスタジオに来て下さった。青果店にお勤めのご主人のこだわりも形になったかき氷。番組では「おまち堂」さんの魅力をお伝えすべくあらためてインタビューコーナーにお伺いする予定。


1e2f9732.jpg

フレモニ終わりで就実大学へ。「表現創造」の講義は今日を終えて、来週の補講を含めて残り2回。前回のブックリストの交換を受けての発表などをした。それぞれに「気づき」や「共感」があった様子。学生達の言葉にうれしく耳を傾けた。

大学終わりで火曜日にお邪魔したある団体の講演パート2に伺った。軽く実践をしていただくと、コミュニケーションのちょっとしたことも体感していただけるようだ。「コミュニケーションのレパートリーを増やす」。こうでなきゃダメ、ではなく、そんな方法もあったんだ、と視点を増やしていただける、そんな研修ができるよう今後も精進したい。

 

3cb3326c.jpg



keichun_cafe at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月26日

木のぬくもりをどうぞ。

02414a89.jpg

岡山市中山下のクレド岡山ビル11階にあるFM岡山第一スタジオに夜行動物・ふくろうが舞い降りた!!

今日の「FreshMorningOKAYAMA」のゲストは7月19日(水)のブログでご紹介した真重満さん。独学で木のおもちゃ作りを始め、今では地元や市内の公民館や幼稚園、小学校などから展示会や体験教室に呼ばれている。写真はディレクターのIちゃまと真重さん作のふくろう。「幸せを運ぶふくろう」とIちゃまのこの空気感。なんとも和やか・・・。

 

e15b8b70.jpg

そしてこちらは、放送中森田がいるスタジオブース。窓際に置かせていただいた真重さん作の「観覧車」。指で動かすとくるくる可愛らしい動きを見せる。連日雨模様だったが今朝は久しぶりに弱い日差しがこのスタジオにも入ってきて、観覧車も存在感を放っていた。とても事故で右手首を切断した方の作品とは思えない細やかさ。そしてあたたかい・・・。「実際に何でもやってみることがいいんじゃないんかな、子供たちにとってもなぁ」。肩の力の抜けた普段と同じ話し方。ラジオから聴こえる真重さんの声に静かな情熱を感じた。

 

fa33f5f4.jpg

フレモニ・ニュース終わりで就実大学へ。

キャリアデザイン論最後の講義はテストの変わりに1人1分30秒ずつの発表。大人数のためABグループにわけての講義。事前に自分たちで考えてきた内容だとは思うが、それぞれ自分たちの言葉で伝えようと、一生懸命「発表」に臨んでいた学生たち。「この講義で得た事を今後・・・」というフレーズを多く耳にした。社会に出る時、人生の節目に悩んだと時など、一連の講義の中のほんのひとつでも、ふと思い出してくれるといいな。

しかし・・・。森田は休憩なく180分ぶっとーし。かなり集中して一人一人のプレゼンを聞いた。18時過ぎに終わってさすがにフラフラ、ラララ〜。学生達の言葉を頭の中でリフレインしながら局へ戻った。さあ!明日も励みますぞ!。

 



keichun_cafe at 21:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年07月25日

紀伊国屋書店

07-24-01

自分の本が書店に並ぶ。待ちに待ったことなのに妙に照れくさくてじっくり見ることができず・・・。書店の方々のセッティングやご準備に心から感謝

岡山市中山下NTTクレドビル5階の紀伊国屋書店。

7月29日(土)午後2時〜『和みおかやま出版記念サイン会』

 

4f387423.jpg

ひまわりに囲まれて・・・。今日は某団体からの依頼でコミュニケーションに関する講演。講演と言うより参加の方々にも実践をしていただきながらの「講座」といった方が適切かもしれない。

13年のおつきあいになる「みーちゃん・たえこさんお花や自然の木々を使って空間をコーディネートするスペシャリスト。その「ミーちゃん」のご主人のご縁で今回講演にお招きいただいた。演題のすてきなアレンジはお2人からのお心遣い。近くに緑や花があるだけで心の落ち着きが違ってくる。「ここちよいコミュニケーションをめざして」のテーマ通りお伝えできたかしら・・・

 



keichun_cafe at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年07月23日

『和みおかやま』をもってご挨拶

40cc8a4a.jpg和気町のギャラリーカフェ「とが」。自然に囲まれた閑静な佇まい。2004年の春NHK岡山を卒業後、本格的にフリーとして活動を開始した私に、和気町の知人が「朗読会をしませんか」とご提案をくださった。5月下旬、『風かおる時間(とき)』と題した第一回の朗読会を開催。私の朗読会のスタートはまさにここだった。

久しぶりにお会いした夫妻の和やかな笑顔と静かな空間にホッ。お届けした『和みおかやま』も微笑みながらページをめくってくださった。その後、本のお届けのため何軒かお店にお伺いした。今日は長時間の運転や動きも多いため動きやすい絞りの浴衣を着用。18歳の時仕立ててもらった時は地味に感じたが、最近やっと自分にぴったりくるようになった。

『和みおかやま』ご協力いただいたすべてのお店にすぐに直接お届けしたかったのだが、なかなかスケジュールの関係上難しいため、取り急ぎ発送させていただいたところも何割かある。少しずつ御礼のご挨拶まわりにお伺いする予定。


 



keichun_cafe at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月22日

お礼:『和みおかやま』サイン会

07-22-

『和みおかやま』(ソウルノート刊)出版記念サイン会。岡山市表町・丸善シンフォニービル店に集まってくださった皆様、本当にありがとうございました。今回のサイン会を開いてくださった丸善さんには細やかなお心配りをたくさん頂戴し心より感謝しています。

 

07-22-

サイン会冒頭、ちょっとしたトークタイム。マイクを持つ手がこんなに震えたのも初めてかもしれません。新人アナウンサー時代にも経験したことのない緊張感。『和みおかやま』をつくったきっかけ、ソウルノートの鈴木トオル氏との取材・撮影秘話、着物の楽しみ方など、とてもアナウンサーとは思えない「しどろもどろ」な話し方でお伝えさせていただきました。

 

07-22-

集まってくださったお1人お1人にサインさせていただくのはドキドキするものです。ゆっくりお話ができず申し訳ない気持ちでいっぱいでした。励ましのお言葉など送ってくださり、心あたたまる時間となりました。初めてお会いした方々、津山や奈義町など遠方からかけつけてくださった方々、偶然丸善に買い物に来られていて顔を見せてくださった知人、いつも公私共に助けてくださったり親しくしてくださっている方々・・・。そして子供の頃から可愛がっていただいていた両親の友人である「小山のおばちゃん」との20年ぶりの再会に号泣。貴重な機会を与えていただけたことに感謝です。

 

07-22-

岡山のホッと和める場所・・・カフェやお料理屋さん、地元商店街や勝山、倉敷の町並みなどを森田のフィルターを通してまとめた『和みおかやま』。皆さんの知っている岡山を、「あらたな視点」のひとつとして受け取っていただけると幸いです。

来週7月29日(土)午後2時~岡山市中山下・NTTクレド岡山ビル5階・紀伊国屋書店にて

『和みおかやま』出版記念サイン会があります。お近くに出られるようでしたらお立ち寄りください。



keichun_cafe at 23:49|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!

2006年07月20日

ついに!『和みおかやま』

cf48f3f7.jpg包みをほどいて本をとりだす。紙の匂いが鼻腔を刺激し、思わず何冊か抱きしめ独特の匂いを嗅いだ。原稿やゲラの段階で何度も見ているものなのに、本になるとやはり違う感覚でしばらく言葉が出なかった。書店にも搬入された様子。我が家にもわざわざ大雨の中ソウルノートの鈴木トオル氏が届けてくださった。それらを部屋から私の車の短い距離でも、雨に濡れない様に父が本の束にタオルを巻き抱え、私が傘をさして何度も往復して運び込んだ。まるで赤子を抱くような父の丁寧さと真剣ぶりに思わず笑ってしまった。これが本当に「赤子」だったら父はもっと嬉しいだろうに、と何だか複雑な気持ちにも。ハハハ!(ここは笑い飛ばす)何はともあれ、

 本の完成!バンザイ!



keichun_cafe at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!