2011年02月

2011年02月25日

佐川光晴さんに直撃

佐川光晴『おれのおばさん』

第26回岡山市文学賞 坪田譲治文学賞受賞!


20110226 FM佐川光晴さん

FM岡山「FreshMorningOKAYAMA」のインタビュー収録。

主人公の陽介と恵子おばさんとの会話や心の交流が、
何とも痛快!笑えて泣けて、あっという間に読み終えました。

お聞きしたいことがたくさんある中で、
まずは、ここから〜


「私も、恵子です」

(こらっ!質問になっていない!)


20110226 FM佐川さん

佐川さんがこれまで経験してこられたお仕事や人との関わり。
お言葉のひとつひとつに、濃厚なエキスを感じた私です。

「一度や二度の失敗で人生は終わってしまうわけではない」

20110226 FM佐川さん

『おれのおばさん』の主人公である中学生の陽介は、
不幸な境遇に身を置いてしまいます。
ともすれば、道を踏み外してしまうことにもなるかもしれない。
でも、いつも前向きで迫力ある生き方の「恵子おばさん」や周りの人たちの
影響を受けながら、真っ直ぐに自分の人生を生きていく姿が、
心に残ります。

大人にも、子どもにも読んでいただきたい一冊です。

☆☆☆

インタビューを終えて、
岡山市文学賞・坪田譲治文学賞 市民の童話賞の式典・記念イベント会場へ。
毎年、司会をさせていただいております。
おかやま市民の童話賞の受賞の皆さまも、
おめでとうございました


keichun_cafe at 21:30|PermalinkComments(0)clip!