2006年11月30日

「豆」「栂」「忘年会」

f6ab7970.jpgおいしい豆が勢ぞろい!!

今日のフレモニ「kei−chun cafe」のコーナーは「豆吉本舗」をご紹介。スタジオで豆を食べながら店長さんにお電話でお話を伺った。倉敷美観地区の中橋のすぐ近く、「旅館くらしき」の土産店としてこの夏オープンした「豆吉本舗」。店内豆だらけ〜。びっくりするくらい種類が多く、しかも試食ができる!森田も以前店内で試食に燃えてしまったこれがまた、ホントおいしくて。ちゃんと味を確認して購入できるので失敗もなし!おみやげやプレゼントにも最適だし、自分のおやつにも最高!手ごろな値段なのでついついいっぱい買ってしまった私。

79acc7c5.jpg

梅干、抹茶みるく、いわしや海老、竹炭に黒ゴマ豆腐などなど・・・

味わいも風合いもしっかりしているのに、不思議としつこさもなくて食べ過ぎてしまうほど

普段の料理でも豆を使うことが多い私。しばらくは、この豆菓子に夢中になりそう・・・。

 

 

591df0dc.jpg

番組・ニュース終わりで和気町の「ギャラリー栂」へ。12月9日(土)から開かれる「和みおかやま写真展」の打ち合わせ、そして毎日新聞さんから取材を受けた。(写真右から毎日新聞Y記者、栂さん、写真展実行委員の福田さん)

「ギャラリー栂」には大きなガラス窓がある。そこからの風景を見ていると、自然に抱かれているような気持ちになる・・・。

いよいよ写真展&朗読会も近くなり正直焦ったりもしているが、栂さんご夫妻や「和みおかやま写真展」実行委員会の皆さんの励ましに背中を押していただき、ゆったりとした気持ちで臨めそう・・・。

 

e61a3ecb.jpg

 

染織作家・佐藤常子さんの作品には「縞」が多い。『和みおかやま』(ソウルノート刊)の表紙の柄は常子さんの「月明かり」という着物。やわらかい色の縞もきれいで、時々恋しくなって現物の着物に触れてみたりする。今日は赤が利いた藍の縞。「パキッ」とした印象のこの着物は常子さん愛用の品。「普段着てちょうだいね」というお言葉に甘え、「私にはもったいないなぁ」と思いながら袖を通させていただいている。あたたかく着心地も抜群。赤紺の縞で少しはスリムに見えるかな?

 

f3708838.jpg

超特急!で岡山市内へ戻り、W−styleプロジェクトの忘年会へ。場所はメンバーの要望で岡山市丸の内「マグリット」。「居酒屋でしかやったことないからなんか新鮮だ〜」とメンバーの声。

「忘年会」というものに参加したのは久しぶり。ここ数年、友人達と個別に食事をすることがあっても、「会」にはあえて参加していなかった。いわゆる組織の忘年会というのも、また新鮮に感じられた。ちなみに、この忘年会、ビンゴゲームの賞品から社長賞のセレクトまで、私の担当(なぜ?)だった。数日前から、他の仕事と仕事の合間に駆け足で買い物に。でも、普段とは違う頭の回線を使ったようで、それもちょっと楽しかった、かな。

 



keichun_cafe at 23:42│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔