2007年01月21日

岡山東公民館で講演

bb083668.jpg

 

17dc44ba.jpg山市立東公民館「団塊・新しい大人文化創造のために」というタイトルのシリーズの講座がスタート。1回目の講師としてお声をかけていただいた。現在の館長である長崎司さん(写真右)とは、長崎さんが岡山市の文化政策課ご勤務の頃からのお付き合い。私の「アンテナ」を様々な分野に伸ばしてくださったお一人でもある長崎さんに、今回も大きな課題とチャンスをいただいた。ありがとうございます。

 

 

a1ce92db.jpg

 

<「団塊世代が大量退職していく2007年問題」を直前に控えて、男性利用促進のためのシリーズ企画として、連続講座を開講。退職後は「第二の人生」ではなく、それまで培ってきた経験や知識を発揮し"新たな大人文化を創造しつつ、いつまでも輝いて生きていきましょう"というメッセージを送る内容として開催。>(東公民館HPより抜粋)

 

 

70c0f230.jpg

人生の先輩方を前に「新たな大人文化創造」というテーマでの講演・・・ご参加の皆さんから見ても「60代の人生」に実感のない私。お話を頂いたときはお役にたてられるかどうか不安だった。

私が話した内容は「父の60代」。堅い職業についていた父はとにかく頑固。私達兄妹は幼少の頃からとにかく厳しく育てられた。時折父に対して「理不尽」だと思っても「お父さんだから」と思うしかない時も多々あった。家の中では悪く言えば我がままな父だが、仕事の現場では「まっすぐな人」だったようで、「誠実」で「男気」があり「よく気を使う優しい人」と周囲から父のことを伝え聞くたびに?信じられない気によくなった。私の友人達や母の友人達には愛想がよく「すてきなお父さんね」と言われる度にギョッとしたものだ。

 

家事など全くと言っていいほど関心のない父、仕事に懸命だった反面、自分の地域のことはわからない、釣りや囲碁、ゴルフなどはしていたものの、趣味と呼べるものもない・・・。退職後はどうなるだろうと母も私も本当に心配していた。そんな父が信じられないことに地元の公民館で「クラシックギター教室」と「カラオケ教室」に通うようになった・・・

そんな父の「公民館デビュー」「地域デビュー」の経緯と現在を、今日の講演でお話させていただいた。団塊の世代に限らず年を重ねてどう生きていくか、ということは誰にでも共通のテーマだと思う。「何か夢中になれるもの」は自分自身で行動を起こして見つけていくしかない。周囲からきっかけは与えてもらっても「行動を起こす」のは、常に「自分自身」なのだ。コミュニケーションが決して得意ではない頑固者の父が公民館に行ってみようと!と足を運んだこと、これは大袈裟かもしれないが「勇気」だと思う。その勇気に対して公民館側も、教室の方々も「受け入れてくださった」だからこそ、今の父がある。(もちろん、父の我がままを家でしっかり受け止めている母のおかげもあるが)

大病と大手術を経験した父は、昔の体格の良さを思い出せないほど細い体になってしまった。「威厳」という風格も以前ほど感じられなくなった。でも何とか元気でいられるのは自分の場所とやりたいことを見つけたからだろう。頑固さは相変わらずだが、燻し銀のような輝きを父に見出した私は、心から「よかった」と思っている・・・なんていうと、エラソー!!に聞こえますなぁ。ハハハ・・・未だ両親を安心させてあげられない38歳娘の現実も確かにあり・・・「人のことはええから、あんたぁ、自分のことを何とかせられぇ!」と激を飛ばされてしまう私だった。

 



keichun_cafe at 23:52│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 安田真里   2009年11月16日 21:04
森田恵子様
八年近く前になるでしょうか。精神障害者のイベント「調子はえーんじゃフェスティバル」でお世話になった安田真里と申します。森田さんはお忘れかもしれませんね。(桑野ふれあいセンターであった催し物です。)
私は五年前に様々なストレスからうつ病になり、退職し、自分で作業所を立ち上げてスローにやっています。
今日、たまたま長崎司さんが私が東山でやっている作業所スローカフェタンポポに食事に来てくれて少しお話して、このブログにたどりつきました。お元気に活躍されているようでうれしいです。イベントに来ていただいた時はありがとうございました。精神障害のみんなが森田さんがきれいで優しいので喜んでいたのを思い出します。絵描きの水越さんは森田さんに絵を買ってもらった、、と嬉しそうに話してくれました。無理して買われたのではないか、と心配しました。
また、お会いできたらうれしいです。私もいろいろイベントをやっているのですが、来年は青森のおむすびで有名な佐藤初女さんを呼ぶ予定です。ご存知ですか?もし関心がおありでしたら来て下さいね。また、ブログにおじゃましますね。安田真里 (タンポポのHPのmary's diary)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔