2007年01月27日

第1回 着楽会!

22def497.jpg日常生活の中で着物を気楽に(我流で)着るようになって何年がたつかな・・・。週の半分以上着物を着ている私が洋服を着ていると、公私共に「今日は洋服?」と言われることもある。フリーアナウンサーとしての現場、大学や研修講師、その他様々な仕事の現場に「肩のこらない」着物で行けることに感謝している。(もちろん、仕事の内容によって着物ではなく洋服で、ということもあるのでTPOを一応考え…)

 

「着たいけど着付けができない」「着付けに自信がない」「着ていく場所がない」という声を本当によく耳にする。 「着たいと思ったら着てみる」「着ていく場所を自分でつくる」という最初の一歩をなかなか踏み出せないらしい。「着物着たい!」というアツーイ気持ちはあっても・・・

02b8623c.jpg福ちゃん(写真左)は、森田の大雑把な着付け指導にもかかわらず一人で着付けができるようになった。また、お茶会の朝、訪問着を着付けしていただいた後、貧血で倒れてしまい、「着物恐怖症」に陥る一歩手前だった小田ちゃん(写真右)は「あともう少しで一人で着付けができるようになる」ところ。「着物を着ることを難しく考えすぎていた。よかったーホント救われたかも!」と笑顔。

 

 

959c82a9.jpg

97e5b4a5.jpg「気楽に着物で過ごす時間を作ろう!」「月に一度お食事したり楽しいことしようよ!」と提案してくださったのは、仕事っぷりも、着物姿もカッコイイ早苗先輩(写真右の右側)。「じゃぁ、何か会をつくろっ」ということになり、今日の日をやっと迎えることになった。それが「着楽会」

今日は仕事で欠席したメンバーも何人かいたが、とりあえず、記念すべき第1回を岡山市のイタリア料理「ミズオチ」で開催した。

4f3a04f0.jpg

e90d692b.jpg

 

福ちゃんと小田ちゃんは初めて会う早苗お姉さま。すらっとした長身・色白美人なのにサバサバとした気さくなお人柄の早苗さん、おかげで、ちょっと緊張していた2人もすぐに打ち解け、とっても盛り上がっていた。

 

ちょっとしたきっかけから世界が広がる。

ちょっとした楽しみが仕事や日々の励みになる。

着物や和のものを生活に取り入れることが私の「ちょっとした」幸せ


 



keichun_cafe at 23:57│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔