2007年02月19日

祖母の羽織

5340aef2.jpg3年程前に実家の箪笥から出てきた羽織。裄も合わないので何かにリフォームしようと歳月が流れ・・・。ふと思い出してヨレヨレになっていた羽織を、お世話になっている呉服屋さんに見ていただいた。「仕立て直しできそうよ」。その言葉を聞いてから約1ヶ月半。ついに蘇った羽織!!感激で胸がいっぱいてっきり母のものだと思っていたら、実は祖母のものだったことが判明。私サイズに裄も丈も仕立て直された羽織を見た母も、「着て見せてあげられぇ、おばあちゃんに。喜ぶわぁ」と感激。

7fad6dc0.jpg

羽織の裏地:羽裏はハッとするほどの色と柄ゆき。小さな祖母の体を包み彩を添えていたであろうこの羽織が、あらたに生まれ変わったように呼吸をしているかのように感じられた。呉服屋さんから持ちかえった後も袖を通したり着物ハンガーにかけて眺めたり。タンスに入れようとたたんだはいいけど、見えなくなるのが少し寂しくなり、数日間出したりしまったり・・・。今日も仕事から帰ってきてすぐに畳の上に広げ、生地に触れてスリスリしたところ・・・

早く休みをとって祖母に会いにいかなきゃ。

 



keichun_cafe at 22:49│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 黒田 浩一   2007年09月08日 09:15
4 お久しぶりです。
呉服屋さんの黒田さんです。

今朝少し時間が空いたのでPCを見ていたら偶然に森田さんのブログに出会いました。

頑張ってますね!

表町にお出かけの際は、お立ち寄り下さい。

では又、合える日を楽しみに。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔