2008年07月10日

三羽省吾『タチコギ』

タチコギ

岡山出身の小説家・三羽省吾さんの新作『タチコギ』(幻冬舎)。
ふらりと出掛けた丸善で偶然見つけた『タチコギ』

「新作出たんだ!」急いで購入。2時間半で一気に読みました。

タチコギ

<いじめも貧乏もケンカもスゴかった。初恋や友情や青春なんて言葉も知らなかった30年前の夏。あの頃も子供たちは泣いていた。けれど、いっぱい笑ってた。笑いと深い感動をくれる本格青春小説>※幻冬舎HPあらすじ より

タチコギ

今回の作品、岡山の架空の場所が舞台で岡山弁が多く出てきます。(デビュー作の『太陽がイッパイいっぱい』は大阪弁でした。)笑ったり、しんみりしたり、深く考えたり、ドキドキしたり、涙腺がゆるんだり・・・「感動」という言葉ではうまく納まりきらない、こみ上げるものがあり思わず電話をしてしまいました。

タチコギ

「え?もう届いた?え?丸善で?もう読んでくれたの?お〜ありがとう、」久しぶりに聞く「三羽省吾」氏の声はとても元気そうでした。すぐに、読んだ感想を伝えられてよかったです。うん、うれしい〜。

三羽省吾」氏とは幼なじみです。同じ奉還町の警察官舎に住んでいました。幼稚園も一緒、小学校も一緒。と言っても、省吾君は転校して小3からは倉敷で過ごしています。その後も引っ越し・転校なども経験した彼と再会したのは大学生になってから。母親同士が親しいこともあって、(おばちゃん、いつもお世話になっています)省吾君ともご縁が続いている、というわけです。

略歴

1968年岡山市生まれ。

2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長篇新人賞を受賞

2005年『厭世フレーバー』で第27回吉川英治文学新人賞候補

2006年『イレギュラー』

2006年『SweetBlueAge』 『ニート・ニート・ニート』収録

広告代理店に勤務しながら執筆をしていた省吾君は今年の6月に会社を円満退社しました。

省吾君のますますのご活躍、心からお祈りしています

 

 

 

 



keichun_cafe at 23:43│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔