2009年03月01日

父の晴れ姿

090301ギター

ギター某公民館で公民館の発表会が開かれました。父は退職後、地元の公民館でのギター教室に通うようになり、先生や皆さんと楽しく活動させていただいているようです。

 

ギター

これまで何度か発表会もあったようですが、いつも都合がつかず・・・今日は実家に電話をした時に、「この後お父さんの出番があるんじゃ」と偶然母から聞き、ダッシュで会場へ。

父は先生と一緒に「われもこう」を演奏。弾き語りで歌も歌ったのですが、どうやら、マイクのトラブルできちんと音が出ていなかったようでした。でも、地声でしっかりと声も出ていて、身内のことで恐縮ですが、演奏もちゃんとしていて、なかなかよかったです(・・・と、ほめておく)

 

ギター

 

独身時代から我流でクラシックギターをたしなんでいた父は、小学低学年の私に井上陽水や小椋桂の「歌本」を持たせ、自分のギター演奏に合わせてよく歌わせていました。「もっとこうやって歌って」と幼少の私に注文をつけていましたね・・・。奉還町の警察官舎できっとご近所迷惑だったでしょう、父のギター&娘の歌声。仕方なく付き合っていましたが、今となっては良き思い出です。

 

退職して改めてギターを本格的に学び始めた父は、さらに熱心に取り組むようになり、それが彼の「元気の源」になっているようです。一生懸命ギター&弾き語りの練習を毎日欠かさずしている父の姿は微笑ましくも感じます。「あんたは、たまにしか帰ってこんから、そう思うんよ。お母さんなんかなぁ・・(と延々と愚痴が続く)」と母は言いますが、年を重ねてこんなに夢中になれるものがあるのは、いいことですね。



keichun_cafe at 23:54│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by jun1@shou1   2009年04月21日 22:13
4 ご尊父と同年代の者として ほほえましく 羨ましく拝見。

お嬢さんが 行って 撮って アップするのも 最高です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔