2010年03月08日

姫と殿が

はしぶくろ

部屋に飾っているお雛さまも、旧暦4月3日まで飾ります。小さな備前焼のお雛様も、まりちゃん手作りの美しいお雛様も1年ぶりに箱から出てきて、私の近くで鎮座しています。

そして今年は「姫と殿」も仲間入り。

 

はしぶくろ

これ、実は箸袋の内側なんです。布作家・松根祐子さん作。私の亡くなった大おば・世津おばさんの羽織。粋でしょ?羽織のまま着たかったのですが、生地が少し傷んでいるところもあったりでお直しを断念、でも姫や殿が和歌をたのしんでいる姿がたくさん羽織にあったので何か形にしていただければ、と松根さんに託しました。

 

はしぶくろ

 

外は深い赤色の皮(柔らかい!)くるくるっとほどくとこの柄。感動しました。私より先に取り置きして購入した方がいたと思ったら、それはうちの母でした(笑)。そして母から私にプレゼントとしてくれた時は、本当にうれしかったです。

松根祐子さんの感性やアイデアに感服。世津おばも天国で喜んでくださってるかしら。

 



keichun_cafe at 22:42│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔