2010年03月05日

「ママさんのコミュニケーション術」

岡山市の足守公民館で講座を担当させていただきました。

「ママさんたちのコミュニケーション術」と題した2回シリーズ。(2月19日(金)と、今日3月5日(金))

前回の参加者が皆さんそろって2回目も来てくださったこと、

ワークにも真剣に取り組み参加者同士でのシェアもしてくださったこと、

 

私がお伝えしてする言葉に耳を傾けてくださったこと・・・

とてもうれしかったです。ありがとうございました。

 

「子どもの声を聴いていますか」

「子どものやる気を引き出す伝え方」

というテーマに、お声をかけて頂いたときは、戸惑いました。

 

なぜなら、私は「ひとりもん」ですから。

 

これまでも子育て中のお母さんたちを対象にしたセミナーを

何度か担当させていただきましたが、

いつも同じ「戸惑い」「不安」なのです。

 

「ひとりもん」ですから。

 

私には「育てる体験」がないわけですから、

本当にいま、悩んでいる子育て中の方々と同じ目線に立てない、

ということが

「苦しさ」として重くのしかかることが多々あります。

 

「そんな私の講座に参加していただけるのでしょうか」という後ろ向きな私に、

足守公民館のHさんが、こうおっしゃいました。

 

 

「いつもの森田さんでいいんですよ。

これまでも森田さんのコーチングやコミュニケーションの講座に参加なさった方々が

何かしら気付きをもってかえられているんです。

今回のテーマは、同じ体験がないぶん不安かもしれませんが、

そのぶん客観的な視点もあるし、

何かを投げかけることだけでもいいと思うんですよ、

大丈夫ですよ」

 

熱意をもって「口説く」彼女の言葉に

「そうかぁ〜そうですよね、」と、

私は少し気持ちが楽になりました。

 

企業や行政、団体や個人など、様々な業種やジャンルでの研修やセミナー、講座を担当させていただく度に、

「自分が情けない」「こんなことでいいのだろうか」

という反省の念を持ちながらも、

「この仕事(コーチ・研修講師)をしてよかった」という気持ちでいっぱいになります。

本当に、周囲の皆さまに感謝、感謝ですね。

 

 



keichun_cafe at 23:22│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔