2011年01月23日

おかやま韓日文化まだん



20110123韓日文化まだん

















岡山韓国商工会議所創立50周年記念
「おかやま韓日文化まだん」
が開かれました。

オープニングアクトは、パンフルート&ピアノにのせて、
韓国と日本の詩の朗読。

このステージのプロデュース&演出&出演のお話を
昨年秋に頂いた時には、
光栄でありながらプレッシャーを感じずにはいられませんでした。

「森田さんを信じているから」。

主催側の担当であるユンさんの言葉に励まされ、今日を迎えることができました。



20110123韓日文化まだん

















ステージのお花は「森のおくりもの」の西村三恵さん。

「こんな感じで、こういうイメージ」という、私のアバウトな説明と、主催側・ユンさんの笑顔の「いい感じでお願いします」
という言葉に見事応えてくださいました。

さすが、みーちゃん。

ステージ照明のカリスマでもある「クマさん」の手により、
花と空間が一体となった美しさ。

主催の皆さまはもちろんのこと、
メインゲストの蓮池薫さんも、このステージセットに感動してくださいました。



2011012311520000

蓮池薫さんが翻訳された韓国の詩
と、日本の詩を織り交ぜながらの朗読。

韓国の詩の美しさ、切なさ・・・
「蓮池さんはどんな気持ちでこの詩を翻訳なさったのだろう」
詩を読むたびに様々な思いが巡ってきました。

今回朗読した両国の詩は、ともに、故郷への思いや命の尊さ、平和への願いがこめられたものをセレクトさせていただきました。


1つ1つの言葉が、
全身にしみわたるような気がしました。






20110123韓日文化まだん

パンフルートの今井勉さん。ピアノの西村一穂さん。
素晴らしい感覚と感性をもつお二人が、
詩と詩をつなぎ、空間を優しく包んでくださいました。

普段からご縁のあるお2人ですが、
このように共演したのは初めて。
お2人のおかげで、充足感と達成感を得ることができました。

私たちの「音」「声」を、とてもいい形で会場に届けてくださった、
スペシャル音響スタッフの「山口さん」。
ありがとうございます。



20110123韓日文化まだん















メインゲストの蓮池薫さん。
とても気さくな方です。
2時間近くの講演も止まることなく話続けていらっしゃいました。
客席からの質問にも丁寧に真摯にお応えになっていた蓮池さんです。

蓮池さんのお話もお聞きする機会に恵まれ、
とても貴重でした。
思わずメモをとった蓮池さんの言葉を、
私なりに改めてしっかりと考えてみようと思っています。



オープニングアクトのすべてを託していただき無事終えることができ、
本当にホッとしています・・・。

いろんな気持ちがこみ上げてきて、
なかなか眠れそうにありません・・・。







keichun_cafe at 23:26│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔