2011年05月25日

「藤原審爾」展


吉備路文学館(岡山市北区南方)で現在開かれている


「藤原審爾展〜その華麗なる作品世界」


小説の名人といわれた藤原審爾の貴重な資料の
数々が展示されています。



今日のFM岡山「FreshMorningOKAYAMA」では、
吉備路文学館副館長の熊代正英さんを迎えて
お話をうかがいました。



2011熊代副館長

























熊代さんも大ファンだという藤原審爾。

昭和22年「秋津温泉」で鮮烈なデビューを飾って以降、
推理、人情、ユーモア、警察、人情、動物、
恋愛・純愛など、
様々なジャンルを書き分けています。


学生時代に読んだ「秋津温泉」の文体の美しさに
ドキドキした私。

先日、この特別展を鑑賞して、
「こんなにいろいろなジャンルを書いていたんですか!!」と
驚き、あらためて藤原審爾の魅力を知りました。



吉備路文学館

「藤原審爾 その華麗なる作品世界」

7月31日(日)まで開催








keichun_cafe at 22:24│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔