2011年06月29日

美味なる日本茶恒枝みつ子さん

FM岡山『FreshMoeninngOKAYAMA』

今日のゲストは、先週に続き、

日本茶インストラクター協会岡山県支部
支部長・恒枝みつ子さん。

倉敷市阿知の「恒枝茶舗」さんは、
昔ながらの量り売りのお店です。

(お店に打ち合わせに伺った時、撮らせていただきました)


20116月恒枝茶舗


62年前の開店当時から使われている「ほうじ機」。


20116月恒枝茶舗


季節の草花のあしらいも素敵。


20116月恒枝茶舗


店内にいると、お茶の香りで癒されます。
煎茶が好きな父に何か買って帰ろう〜と思い、
いくつかセレクトしていただきました。

茶葉をササッと袋に入れる恒枝さん。
↓↓↓


20116月恒枝茶舗


子どもの頃、奉還町商店街にあったお茶屋さんに
時々お使いに行っていたことを思い出しました。
別に茶道をやっているわけでもなく、
特別なお茶を飲んでいたわけではなく、
ただ、普通に家で飲むお茶葉を、
お茶屋さんに買いにく。
そのお店のおばちゃんも、
こうやってササーッと袋詰めしてくれていました・・・
懐かしいなぁ。



20116月恒枝茶舗


『恒枝茶舗』店主・恒枝信雄さん(79歳)。
みつ子さんのお義父さまです。

もの静かでいらして、内に熱い思いやお茶へのこだわりを
お持ちになっているように、
お見受けいたしました。

とてもお優しい方です。


20116月恒枝茶舗

信雄さんがいれてくださったお茶。
日本茶ってこんなに美味しいの?と
驚かされました。
なんという、優しい味なんでしょう・・・。


20116月恒枝茶舗



巷では、急須でお茶を入れる人が最近少なくなったとか・・・

肩肘はらず、日常生活の中で身近に飲んでほしいなぁ、日本茶を。

だって、日本の風土にぴったりなんですもの。





keichun_cafe at 23:11│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔