2011年07月27日

粋な着物姿の男性お二人

FM岡山 「FreshMorningOKAYAMA」

7月20日(水)7月27日(水)のゲストは、

倉敷着物とともに生きる会 会長
原浩之さん。

倉敷着物とともに生きる会 副会長
寺尾一弘さん。


P1001354

1か月の半分以上は着物を着ているというお二人

倉敷を着物を着た人でいっぱいにしたい。
特に、男性の方々に「気軽に着物が楽しめることを知ってもらいたい」
と話していらっしゃいます。

原浩之さんの着物歴は、まだ1年弱だとか。
昨年、故郷・岡山に27年ぶりに戻ってきたという原さんは、
倉敷の魅力を再確認。
日常の中でも、観光地としても、着物がこんなに似合う町はない!
と、まずは、おじいさまの着物を引っ張り出して着始めたといいます。


IMG_0906

着付けも最初は試行錯誤でしたが、
「着て出ればすぐに慣れるし、本当に簡単です」と、
原さんはイキイキとお話になります。

IMG_0908


寺尾さんの着物歴もまだ浅く、1年余り。
倉敷の町を着物で歩いてもらいたい、と、
レンタル着物も扱う「倉敷着物小町」というお店をしていらっしゃいます。
ここに来て、着物を選んで着付けもしてもらって、
そのまま、美観地区へレッツゴー!!


IMG_0903

広島出身の寺尾さんは、サラリーマン時代に倉敷へ来られました。
意外に、地元の人は地元の魅力をわかっていない・・・
倉敷が大切な場所になって寺尾さんは、倉敷の魅力を伝える何かをしたい、
と脱サラ後、さまざまなことに取り組んでこられました。
現在は、児島・桃太郎ジーンズの「デニム着物」と、「レンタル着物」が
柱になっていらっしゃいます。

IMG_0905


さらりとデニム着物を着こなす寺尾さん。
帯にしているのは、なんと、テーブルランナー!!
お店のテーブルに使っていた長方形のテーブルランナーを見て
「あ、帯にできるなぁ」と結んでみたそうです!

P1001360

「私たちは、呉服屋でもないし、着物の専門家でもない。
でも着物を着る楽しみは伝えられる」
という原さんと寺尾さん。

お二人は、今年の5月から倉敷市阿知でスタートした
「倉敷路地市庭」の実行委員もしていらっしゃいます。
地域を元気していく力がみなぎっている、お二人です。




keichun_cafe at 12:34│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔